飼い猫のノミ駆除にはストロングホールド


2015-08-18 18.08.32 猫がじっと見てる

うちでは外にも猫がいます。
でも、世の中には室内だけで飼っている人だっています。
室内で飼っているから安全?
本当にそうなのでしょうか?

こんな話があります。

家で猫を2匹飼っています。
どちらも室内飼いでまったく外には出してないです。

ところが、
部屋の掃除を忙しいからとサボっていたからなのか
蚤がビックリするぐらいに大繁殖していました。

家の中を逃げる猫を捕まえブラッシングをして、
蚤取りシャンプーで泡がモコモコになるくらい洗い
大慌てで部屋を大掃除しました。

病院で「フロントライン」という薬を処方してもらい、
さらに蚤取り首輪もつけて様子をみました。

それどころか部屋のあちこちに蚤が
潜んでいるらしく一向に減らないのです。
猫の体に蚤の糞はついているに
蚤の姿だけが見当たらないのです・・・

人間ベッドの上や、
部屋の絨毯の上などにも出没します。
大繁殖を繰り返す前に早く駆除したいのですが、
何か良い対策はありませんか?

というように、
ノミが部屋の中で繁殖をしてしまうことがあるのです。

蚤は家の中にはいない?
そんなことはありません。
蚤はいつの間にか部屋の中にいることもあります。

どこから入ってしまうのかというと。
玄関、壁についている換気口、
人の洋服について入ってくるのです。

家の中で蚤が繁殖をしてしまうと、
蚤は絨毯や畳などの隙間、手の届かないところにいます。
しかも、卵の状態だと半年から1年くらいは生存します。

なので、蚤の卵がある場合は何度も繰り返し蚤が寄生します。
フロントライン等を正しいやり方で使用していくことで、
猫についた蚤の駆除を行っていけば
猫の体についた蚤は必ず死にます。

ただし、フロントラインはノミとダニの駆除には最適ですが、
他の寄生虫には影響がないのです

もしも家の中で蚤が繁殖してしまったら
1年間、猫の蚤予防を徹底して行うことが必要です。
また、フィラリアやお腹の中の回虫予防を一緒にするのであれば、
ストロングホールドがおすすめです。

>>猫用ストロングホールドの公式サイトはこちら<<


レボリューション45mg(猫用/2.6~7.5kg)

レボリューションは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、レボリューションの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。

ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

ストロングホールドプラスは、有効成分のセラメクチンとサロラネルを含有した猫用の寄生虫駆除薬です。マダニと他の寄生虫(ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫、フィラリア等)との混合感染を治療します。新成分が加わり、従来品Stronghold(ストロングホールド)では予防できなかったマダニにも有効です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)

EU版レボリューション/ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、EU版レボリューション/ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。
EU版のため低価格が魅力です。

ブロードライン・スポットオン猫用

ブロードライン・スポットオン猫用の有効成分であるフィプロニルと(S)-メトプレンが皮脂を伝わり猫の体表面に広がることで、皮脂腺に貯留し1ヵ月にわたりノミ成虫、ノミの卵・幼虫、そしてマダニに対して効果を発揮します。
また、エプリノメクチンは体内に吸収されることで、猫回虫・猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生予防に対して有効です。同様にプラジクアンテルも体内に吸収され、瓜実条虫・猫条虫・多包条虫に対して効果を発揮します。

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

アドボケートは、月1回の定期的な投薬で、フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫に対する駆除効果が投薬後も約1ヵ月間持続します。フィラリア(犬糸状虫)症の予防と、ノミ・猫回虫および猫鉤虫を駆除することに加え、ミミヒゼンダニの駆除にも高い効果を発揮するのが特徴です。

ストロングホールド60mg(猫用/7.6kg~10kg)

ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニの駆除、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。日本で販売されている「レボリューション」のヨーロッパ市場版です。

滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤ではないので安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
体重の重めの猫ちゃんに。

ブログ記事ノミ・ダニ予防ストロングホールド
三毛ままをフォローする
猫との暮らしに必要なレボリューションの口コミと評判

コメント

  1. […] あわせて読みたいおすすめ記事はこちら ・飼い猫のノミにはストロングホールドが有効な理由とは? […]

  2. […] レボリューションとストロングホールドの違いを知っていますか? 実はこれ全く同じ薬の名前なのです。 並べてみても同じにしか見えませんよね。 名前が違うだけのようです。成分も全く同じものです。 でも大きな違いはあります。 それは価格です。 このレボリューションとストロングホールドは 全く同じものですが、日本で個人輸入を利用すると支払う金額が違います。 EUで販売されているストロングホールドのほうがとても安いのです。 ストロングホールドは一箱に6ピペット(個数)が入っています。 レボリューションは一箱に3ピペット(個数)が入っています。 レボリューションを二箱買うと6ピペットになりますが 価格は千円以上高くなります。 同じものでも値段が高くなってしまうので、デメリットと感じてしまうと思います。 なので、利用するのなら、ストロングホールドのほうがオススメなのです。 >>EU版レボリューション/ストロングホールドはこちら<< 注目の関連記事 ・飼い猫のノミにはストロングホールドが有効な理由とは? […]

タイトルとURLをコピーしました