猫用レボリューションの販売国や製造メーカーは違うの?


猫用のレボリューション製造メーカーはどこなのか知っていますか~?
販売している国も違うよねー。同じなようで違うと思っていたら同じなんだけど。

レボリューションを毎月利用しているにゃんこの、リリアンちゃんに聞いてみました。

ねぇねぇ。知ってる~?(*´∀`*)

知らにゃーい。(*´∀`三)うち関係にゃいもん。プイッ。
うち使うてもらってるだけや。

\(・・;)えー。知らないって言うだけならわかるけど。プイッはないんじゃないの~?

リリアンちゃんツンデレすぎるー。
(((oO ><)Ooでもそこが可愛いの!!

さて、ツンデレにゃんこはそーっと見守りつつ、レボリューションがどこのメーカーで製造されているのかを調べてみましょう。

え?面倒くさい?(*´∀`*)それ言っちゃう?
話振ってるのに、話終わっちゃうじゃない。
ダメよそれ。ダメダメ。ちっちっち🤘

話を盛りあげましょうよ。
ペルシーのナチュラルジャーキーあげるから。
いやだニャーと断られちゃたので、一人さみしく解説します。(;´・ω・)冷たい子やわ~。


レボリューションのEUで販売されているバージョンはストロングホールドというお名前です。
この製造メーカーはゾエティス・ベルギー・エスエー(Zoetis Belgium SA)になります。

>>EU版レボリューションのストロングホールドはこちら<<

日本で販売されているのはレボリューション。製造メーカーはゾエティス(Zoetis)になります。
同じ会社なのですがストロングホールドのほうはベルギーの支社名になるのでしょう。

日本だとゾエティスジャパンになりますからね。

成分や使い方には違いがあるのかな?と思ってみても同じお薬なので何も違いはありません。
ただね、お値段がちょっと違うのよね。レボリューソンよりもストロングホールドのほうが安くなっています。
販売地域によって価格差があるためです。また、為替の影響もあり値段に影響があるのです。

>>レボリューションはこちら<<

あと、知っておいてほしいのはフィラリアのお薬は予防薬だと思う人もいますが実は駆虫薬になります。
成虫になる前のフィラリア(ミクロフィラリア)に効果があります。
猫は犬に比べたらフィラリアにはかかりにくいと思われていましたが最近ではフィラリア予防の必要性があるということも知られています。
※フィラリアが成虫になってしまうと効果はありません。もしも効果があったのならら血管が詰まってしまい危険極まりないです。

フィラリアが成虫になるのには最低でも1ヶ月ほどかかります。予防薬はそのことも計算して作られているのです。
なので毎月きちんと駆虫薬を飲ませていれば理論的には全て駆虫出来ているのです。

ただし注意点が1つあります。カレンダー通りにお薬を与えることがとても大事です。
薬の効き目ってどうしても個体差があります。毎月飲ませていても寄生されてしまう子が出る場合があります。
特に代謝機能の早い子は薬を与えるのが数週間遅れた場合などは特に危険です。

寄生虫には本当に神経を使いますよね。自分たちへの感染も怖いと感じますが愛猫がかわいそうで仕方なくなってしまいます。
もっとちゃんと予防をしてあげたらよかったって後悔してしまうことのほうが重大です。
もちろん、虫に刺されたら痒いし腫れちゃうし稀に貧血になってしまう場合もあります。
フィラリア、ノミ、ダニは早期発見!早期駆虫が必要ですね。

>>EU版レボリューションのストロングホールドはこちら<<

お得な予防薬のことならこちら
ノミ・ダニ・フィラリア予防薬が最安値


レボリューション45mg(猫用/2.6~7.5kg)

レボリューションは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、レボリューションの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。

ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

ストロングホールドプラスは、有効成分のセラメクチンとサロラネルを含有した猫用の寄生虫駆除薬です。マダニと他の寄生虫(ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫、フィラリア等)との混合感染を治療します。新成分が加わり、従来品Stronghold(ストロングホールド)では予防できなかったマダニにも有効です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)

EU版レボリューション/ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、EU版レボリューション/ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。
EU版のため低価格が魅力です。

ブロードライン・スポットオン猫用

ブロードライン・スポットオン猫用の有効成分であるフィプロニルと(S)-メトプレンが皮脂を伝わり猫の体表面に広がることで、皮脂腺に貯留し1ヵ月にわたりノミ成虫、ノミの卵・幼虫、そしてマダニに対して効果を発揮します。
また、エプリノメクチンは体内に吸収されることで、猫回虫・猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生予防に対して有効です。同様にプラジクアンテルも体内に吸収され、瓜実条虫・猫条虫・多包条虫に対して効果を発揮します。

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

アドボケートは、月1回の定期的な投薬で、フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫に対する駆除効果が投薬後も約1ヵ月間持続します。フィラリア(犬糸状虫)症の予防と、ノミ・猫回虫および猫鉤虫を駆除することに加え、ミミヒゼンダニの駆除にも高い効果を発揮するのが特徴です。

ストロングホールド60mg(猫用/7.6kg~10kg)

ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニの駆除、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。日本で販売されている「レボリューション」のヨーロッパ市場版です。

滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤ではないので安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
体重の重めの猫ちゃんに。

ブログ記事レボリューションストロングホールド
三毛ままをフォローする
猫との暮らしに必要なレボリューションの口コミと評判

コメント

タイトルとURLをコピーしました