Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/opi/battlefield131.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
猫パルボウイルスってどんな病気なの? | 猫との暮らしに必要なレボリューションの口コミと評判

猫パルボウイルスってどんな病気なの?


猫パルボウイルスはワクチン接種にも含まれている非常に強力なウイルスです。このウイルスは環境に対しても耐性を持ち長く感染力を保ちます。

アルコールでは消毒することはできません。そのためウイルスが付着した手や洋服、靴の裏にも細菌がつくことで他の場所にもウイルスを運んでしまうことがあります。

感染率は予防をしていないと100%うつるとも言われているので、予防は大事です。

たとえば、人がパルボウイルスに感染した猫を触った、またはパルボウイルスが付着した場所を触ったりふむことでウイルスがついてしまうことがあります。何も知らずに自宅に帰り愛猫と遊んだりしたときに付着したウイルスが愛猫にもうつる可能性がある恐ろしい病気なのです。

症状は、嘔吐や下痢といっために見えてひどいものから、元気がない、熱があるといったパルボウイルスとは関係なさそうに見えるものもあるようです。そのため病院へ行くときは一度電話をして容態を伝えていったほうが良いようです。嘔吐と下痢の場合は特に連絡を入れたほうが良いですね。

また連れていく際はちゃんとゲージに入れていくことです。閉じ込めるのがかわいそう?いえいえ。他の動物たちに二次感染してしまう恐れのほうがとても危険です。網状よりはしっかりとおおわれているゲージのほうが被毛が飛びにくいのでいいと思います。

病院によってはパルボウイルスの危険性がある場合は、【一度退出していただき院内ではなく外でお待ちいただく場合もあります。】と表示されているところもあります。その間に触ったであろう場所や扉のドアや床などすべてを消毒するそうです。
触れた場所のすべてが感染源となってしまう危険なウイルスということを了承していないと、「なんで追い出されるの?」と思ってしまいそうです。

万が一、自分の連れて行ったペットが強力なウイルスの感染源になっていたら?と考えたら、この対応は仕方のないことだと理解できることだと思います。

・病院へ行く前には電話をする。
・猫は必ずケージに入れて連れて行く。

動物病院のホームページにはそういった呼びかけをしているところもあります。
予防接種のワクチンを受けていても抗体価の上昇が不十分な場合もあるそうなので、自己判断は禁物ですね。

まとめ

パルボウイルスは感染力が強く、靴の裏についた菌を自宅に持ち帰ることで愛猫が感染することもあるというほど強力な感染力があります。
殺菌はほぼ無理ということです。見知らぬねこさんはいくらかわいくっても触って自分がウイルスの運び屋さんになってしまう事態は避けましょう。
触った場合は消毒殺菌を心がけましょう。自宅に猫ちゃんを飼っているときはウイルス感染は避けたいものなのです。

>>猫の腎臓治療薬セミントラ猫用(Semintra)4mg<<


レボリューション45mg(猫用/2.6~7.5kg)

レボリューションは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、レボリューションの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。

ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

ストロングホールドプラスは、有効成分のセラメクチンとサロラネルを含有した猫用の寄生虫駆除薬です。マダニと他の寄生虫(ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫、フィラリア等)との混合感染を治療します。新成分が加わり、従来品Stronghold(ストロングホールド)では予防できなかったマダニにも有効です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)

EU版レボリューション/ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、EU版レボリューション/ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。
EU版のため低価格が魅力です。

ブロードライン・スポットオン猫用

ブロードライン・スポットオン猫用の有効成分であるフィプロニルと(S)-メトプレンが皮脂を伝わり猫の体表面に広がることで、皮脂腺に貯留し1ヵ月にわたりノミ成虫、ノミの卵・幼虫、そしてマダニに対して効果を発揮します。
また、エプリノメクチンは体内に吸収されることで、猫回虫・猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生予防に対して有効です。同様にプラジクアンテルも体内に吸収され、瓜実条虫・猫条虫・多包条虫に対して効果を発揮します。

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

アドボケートは、月1回の定期的な投薬で、フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫に対する駆除効果が投薬後も約1ヵ月間持続します。フィラリア(犬糸状虫)症の予防と、ノミ・猫回虫および猫鉤虫を駆除することに加え、ミミヒゼンダニの駆除にも高い効果を発揮するのが特徴です。

ストロングホールド60mg(猫用/7.6kg~10kg)

ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニの駆除、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。日本で販売されている「レボリューション」のヨーロッパ市場版です。

滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤ではないので安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
体重の重めの猫ちゃんに。

猫のこと
三毛ままをフォローする
猫との暮らしに必要なレボリューションの口コミと評判

コメント

タイトルとURLをコピーしました