猫も白内障になってしまうことはあるの?


あなたは、猫が発病してしまう目の病気白内障のことをごぞんじですか?
猫が白内障になる確率はかなり低いといわれているのであまり気にしていないかもしれません。

でも、猫が白内障になる確率も、ならない確率もどちらも同じように100%ではありません。
なるかどうかはわからないことですが、白内障がどんな病気なのかを知っておく必要はあると思います。

今日は、猫もなってしまうかも!?猫の白内障について考察してみました。

1.白内障ってどんな病気なの?

白内障とは目の中にあるレンズの部分「水晶体」が白く濁ってしまう病気です。
ゆっくりと進行する病気である白内障は、急に目が真っ白になるということはありません。
発病するまでは何らかの徴候が出ることが多くあり気づくことが多いのです。

たとえば、
歩行がよたよたとしてふらついている。
物によくぶつかってしまう。
ジャンプしたときにうまく飛び乗る、飛び移ることが出来ない。

(こんな感じでなんだかいつもと違うなぁ・・・)
(変だなぁ・・・)

と気づくことが出来るかもしれません。

白内障は進行すればするほど目の中の白いモヤモヤとした部分が広がっていきます。
完全に真っ白いという状態になってしまうと二度と見えるようにはなりません
白内障が進行してしまう前に早期発見できるようにしてあげてください。

基本的に猫が白内障になる原因には外傷や遺伝的な要素が原因なり発症することが多いそうです。

他には、同じく目の病気「緑内障」や「糖尿病やブドウ膜炎、低カルシウム血症」などの重い病気が原因になる場合もあります。
目の病気を発症しているときにはそれが原因となり白内障を引き起こしたり、失明の可能性が高いことがあるので注意が必要となります。

2.猫の白内障の確認をするには?

猫の白内障の症状は肉眼で確認できます。触れ合っているときなどに猫ちゃんの目を目視することが重要なのです。

※猫の目をじーっと見てしまうと、敵意があると思われちゃうので注意してね。すぐに目をそらされると思いますけれど。

白内障は徐々に進行していく目の病気です。はじめは白い部分がほとんど見られることはありません。
なので、気づかないということが多いものです。
気づくぐらいに症状が進行してしまうと一目でわかるぐらい目の中心が白くなってしまっています。
そうならないように定期的に目の状態をチェックしてあげてください。

3.猫が白内障になってしまったら?

白内障を100%予防することは難しいものです。そのため白内障は早期発見が大切と言われています。

もし発症してしまった場合は早めに病院へ行くことが必要となります。
白内障の症状が進行してほとんど見えなくなってしまっている場合には手術を受ける可能性が出てきます。

しかし、白内障が初期の状態なら、白内障が進行してしまわないように内服薬や点眼薬が使われます。
猫の白内障にはクララスティルやC-NACになります。これは人も使っている白内障専用の目薬です。
なるべくなら、使うような出来事が訪れないと良いですよね。

>>クララスティル(Clarastill)はこちら<<


レボリューション45mg(猫用/2.6~7.5kg)

レボリューションは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、レボリューションの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。

ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

ストロングホールドプラスは、有効成分のセラメクチンとサロラネルを含有した猫用の寄生虫駆除薬です。マダニと他の寄生虫(ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫、フィラリア等)との混合感染を治療します。新成分が加わり、従来品Stronghold(ストロングホールド)では予防できなかったマダニにも有効です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)

EU版レボリューション/ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、EU版レボリューション/ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。
EU版のため低価格が魅力です。

ブロードライン・スポットオン猫用

ブロードライン・スポットオン猫用の有効成分であるフィプロニルと(S)-メトプレンが皮脂を伝わり猫の体表面に広がることで、皮脂腺に貯留し1ヵ月にわたりノミ成虫、ノミの卵・幼虫、そしてマダニに対して効果を発揮します。
また、エプリノメクチンは体内に吸収されることで、猫回虫・猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生予防に対して有効です。同様にプラジクアンテルも体内に吸収され、瓜実条虫・猫条虫・多包条虫に対して効果を発揮します。

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

アドボケートは、月1回の定期的な投薬で、フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫に対する駆除効果が投薬後も約1ヵ月間持続します。フィラリア(犬糸状虫)症の予防と、ノミ・猫回虫および猫鉤虫を駆除することに加え、ミミヒゼンダニの駆除にも高い効果を発揮するのが特徴です。

ストロングホールド60mg(猫用/7.6kg~10kg)

ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニの駆除、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。日本で販売されている「レボリューション」のヨーロッパ市場版です。

滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤ではないので安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
体重の重めの猫ちゃんに。

ブログ記事クララスティル目の病気
三毛ままをフォローする
猫との暮らしに必要なレボリューションの口コミと評判

コメント

タイトルとURLをコピーしました