レボリューション猫用の効果が続く時間はどれぐらい?


IMG_20160527_182957

レボリューションを猫の首筋につけたあと
どれくらいで効き目が現れるのでしょう?

ノミや、ダニを発見して

「いったい、何分後から何時間後ぐらいに効果がでるのかな?」

予防薬を使ったらどれぐらいで
虫の駆除ができるのか気になってしまいますよね。

だいたいの薬の成分は
24時間以内には実感できるようになっています。

ノミやダニが死んで落ちているのを発見すると
駆除できているというのがわかると思います。

大量だとびっくりすることもあります。

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

ノミの駆除できる期間は約一ヶ月です。
猫の体毛の中にもノミやダニがいなければ、
レボリューションを使って良かったと思うはずです。
1ヶ月たった頃にまた予防薬を利用します。

また、レボリューションは回虫の成虫や幼虫の駆除をしますが、
回虫の卵には影響がありません。
成虫の駆除に向いています。

腸内で産まれた回虫の卵は糞中に出ます。
腸内の卵が孵化するのは1週間~2週間ほどの期間になります。

もし、猫のお腹の中に回虫がいても
回虫の駆除もできる予防薬を使うことで
卵が孵化することなく便と一緒に排出されてしまいます。

>>回虫の駆除にもEU版ストロングホールドはこちらをクリック<<


レボリューション45mg(猫用/2.6~7.5kg)

レボリューションは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、レボリューションの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。

ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

ストロングホールドプラスは、有効成分のセラメクチンとサロラネルを含有した猫用の寄生虫駆除薬です。マダニと他の寄生虫(ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫、フィラリア等)との混合感染を治療します。新成分が加わり、従来品Stronghold(ストロングホールド)では予防できなかったマダニにも有効です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)

EU版レボリューション/ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、EU版レボリューション/ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。
EU版のため低価格が魅力です。

ブロードライン・スポットオン猫用

ブロードライン・スポットオン猫用の有効成分であるフィプロニルと(S)-メトプレンが皮脂を伝わり猫の体表面に広がることで、皮脂腺に貯留し1ヵ月にわたりノミ成虫、ノミの卵・幼虫、そしてマダニに対して効果を発揮します。
また、エプリノメクチンは体内に吸収されることで、猫回虫・猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生予防に対して有効です。同様にプラジクアンテルも体内に吸収され、瓜実条虫・猫条虫・多包条虫に対して効果を発揮します。

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

アドボケートは、月1回の定期的な投薬で、フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫に対する駆除効果が投薬後も約1ヵ月間持続します。フィラリア(犬糸状虫)症の予防と、ノミ・猫回虫および猫鉤虫を駆除することに加え、ミミヒゼンダニの駆除にも高い効果を発揮するのが特徴です。

ストロングホールド60mg(猫用/7.6kg~10kg)

ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニの駆除、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。日本で販売されている「レボリューション」のヨーロッパ市場版です。

滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤ではないので安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
体重の重めの猫ちゃんに。

ストロングホールドノミ・ダニ予防レボリューション新着記事
三毛ままをフォローする
猫用レボリューションでフィラリア予防ノミ・ダニの駆除

コメント

  1. […] 毎月月末にはノミダニ駆除をするぞー!! もしくは、月初めにはノミ・ダニの駆除薬を使うぞー! と思っていませんか? 「あら、私たちノミなんてついてないわよ。まったく失礼な人ねぇ~」 「そうよ。そうよ。失礼よ」 猫さんたちは、そんなお顔でこちらの方を眺めていらっしゃいます・・・(笑) そうですね。猫さんたちは 「きゃー!なんか濡れるー!!」 ばたばたばたー!!! と慌てて逃げてしまうことはあっても、 ノミ・ダニの駆除をされているとは夢にも思っていないのですから。 そりゃまあ、予防のためとは言え、いきなり首筋に水をたらされてしまったら、 人だってびっくりしますよね(;´∀`) 「つめた~い!!」となります。 なので、猫ちゃんの頭や首をなでなでしてから・・・。 なでなでなでなでなでなで・・・。 けっこう撫で回してから垂らしています。 (ふ、ふふふふふふふふふふ・・・。今日は予防薬を塗ってやるのだ~!!) ココロの中でそう思っていたら、なんだか怪しい人になっちゃいますからね。 怪しい行動に猫ちゃんも警戒してしまいます。 普段どおりの接し方で、近づいていったほうが猫ちゃんも安心なわけです。 安心しているなか予防薬を使うのです。 でも、予防薬は種類が豊富です。 価格も違うしどれを選んで良いのかわからないと思うこともあります。 似たような感じがする??いえいえそうじゃありません。 予防薬によって目的は違います。 フィラリアを予防するもの、ノミ・ダニを駆除するもの、回虫を駆除するものなど いろいろな目的があります。 特に、猫ちゃんにはノミ・ダニが付きやすいことから、 ノミダニ駆除専用の予防薬が選ばれています。 ジェネリックは価格がやすいのですが、成分はまったく同じで ノミダニを駆除して予防するという目的は同じです。 その中でもオトクなのにしっかりと、ノミ・ダニを駆除してくれるのが フロントラインジェネリックのプロテクターなのです。 このプロテクターは、フロントラインのジェネリック薬になります。 毎月一回使用することで、ノミの繁殖となってしまうノミの卵のふ化や成長を防いでくれます。 価格の方は、どうなのかというと、フロントラインと比べると 一本あたりが500円から600円ぐらいなので、かなり安いのです。 フロントラインプラスの場合は一本あたりが700円から800円になります。 購入するときは一箱3本セットになるので、価格差は開きます。 プロテクターだと、一箱あたりの価格は2000円ほどで3個入りです。 フロントラインプラスの場合は、一箱6個入りで4500円ぐらいです。 (並行輸入のため支払いの金額が少し変わることがあります。 一個あたりの価格差は数百円かもしれませんが、 一箱あたりで考えると二倍の支払いになるため高く感じてしまうものです。 なので、フロントラインジェネリックなら一度の出費が少ないため 他に必要なものも一緒に購入しやすいのです。 さらに今だけのお買い得情報があります。 通販サイトの会員登録後に このクーポンを使用することで更に安く購入できてしまうのです。 こちらのクーポンは削除しました。 ※期間終了のためこちらのクーポンは利用できません。 お得なクーポン情報は右のサイドバーに掲載中です。 うさパラ会員限定なので、先に登録をしてから利用しましょう。 1人一回だけなので忘れずにクーポンを使ったほうが良いですよ。 >>フロントラインジェネリック(猫用)はこちら<< あわせて読みたい記事はこちら ・猫用レボリューション最安値 ・ドロンタール猫用 ・レボリューションを猫が舐めた ・猫用レボリューションの効果時間は […]

タイトルとURLをコピーしました