[ゲンダイ]犬猫の虫下し薬


[ゲンダイ]犬猫の虫下し薬を購入するならこちらのうさパラがおすすめ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

犬や猫の消化器官には内部寄生虫が住み着いています。
健康な犬や猫の場合は具合が悪くなるといった症状が出ないため
見過ごされていることもあります。

1.内部寄生虫とは?

このブログでも何度か紹介している内部寄生とは、
体の中に寄生する虫のことです。
血管内に寄生するフィラリア(犬糸状虫)もいますよ。

消化管内に寄生する寄生虫の種類
回虫(かいちゅう)、人をはじめ多くの哺乳類の、主として
小腸に寄生する動物で、線虫に属する寄生虫

鉤虫(こうちゅう)、十二指腸虫といわれたが、これは鉤虫が
初めて発見されたとき十二指腸にいたためです。現在では、
寄生部位は空腸上部とわかり現在では鉤虫と呼ばれている。

鞭虫(べんちゅう)、体は鞭(むち)状で、体長3~5センチ。
人間のほか犬・羊などの盲腸に寄生する。

瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)、サナダムシの一種。全長40センチメートル
以上になリ、形が瓜の実に似ている。人間や犬猫に寄生する。

詳しくはウィキペディアや、コトバンクに載っています。
また、画像なども多くインターネットで閲覧することが出来ます。

あまり見ていて気持ちのいいものではありませんけれど。虫が嫌い。
こういった紐状の虫が気持ち悪いと思えてしまうからなのでしょう。

2.人にも寄生する回虫はこんなところで観察できる

看護師

消化管内寄生虫でもっとも感染が多くみられるのは回虫で、次に条虫、鉤虫です。

大昔の日本では寄生虫は人にも多く寄生していました。
ちょっとびっくりしてしまいますよね。

目黒にあるという、寄生虫を研究している博物館に行ったら
標本を見ることが出来ますが・・・。(気持ち悪そうなので見たくないです)
この目黒の寄生虫博物館は、入館料は一切かからないようです。
その代わりに寄付の箱が置かれています。

寄生虫博物館は公益財団法人のため寄付金で維持されています。
郵便局からでも支払えるし、PayPalでも支払えるので便利なものですね。
また、寄付をすることで税制上の優遇措置を得られるメリットもあります。

そのメリットは、寄付金控除というやつです。
この控除を受けるには確定申告が必要ようになります。
お金が返ってくる場合もありますので、控除証明書は取っておきましょうね。

標本の中には、人にも寄生する寄生虫コーナーがありますので
興味を持って見に行ってください。

デートコースにも良いかもしれませんよ。
博物館に訪れるのは女性の方が多いとも言われています。
気持ち悪そうだケドみたい!という心理があるからなのでしょうね。
わたしは遠慮します。(汗)

3.ペットの寄生虫感染には?何が有効なの?

もしもペットが寄生虫に感染してしまっていたら?
この可能性はかなり高いと思ってください。
ないより、あるということです。

健康な犬や猫の場合には、寄生虫に感染していてもなんともないように見えます。
寄生虫が発見されたとしても。すぐに具合が悪くなったりするようなことがなく、
じんわりとゆっくりと、寄生主の体を蝕んでいくからです。
なので、気づくことがなかなかないのが実情です。

どうして、寄生虫に気づくのかというと、
うっかり排泄時に一緒に寄生虫の成虫がでてきてしまったときや
フンやベンに寄生虫の成虫が発見された場合に気づくのです。
小さな卵の場合には肉眼では見えないため病院での検査が必要となります。

この虫下しは1.消化器官内の内部寄生虫とは?にまとめています。
虫下しと呼ばれている駆除薬が妥当なのですが、色々と製品は出ています。

[ゲンダイ]犬猫の虫下し薬の場合には、細く白い虫の回虫、鉤虫には良いのですが
サナダムシの駆除には効果がないそうです。
これはサナダムシの対処は動物病院でという決まりがあるためです。

まあ、サナダムシに感染してるかどうかは病院へ行ってみなければわからないこと
と思いますのでよっぽどのことがない限りは慌てる必要はないと思います。

また、サナダムシの駆除にはゲンダイの虫下し以外にもドロンタールなどもあるため
レビューなどを確認してみるのもいいと思います。
個人的にはドロンタールのほうが、駆除が早いように感じます。

外飼い猫ちゃんの場合には、いつ寄生虫が感染するのかは分かりませんよね。
寄生虫の駆除薬は5日は使うことがあるんだと覚悟しておいてくださいね(汗)

>>ドロンタールはこちら<<

関連記事はこちら
ドロンタールキャット(猫用回虫駆除)

野良猫も飼い猫もノミや回虫がいるからドロンタール


レボリューション45mg(猫用/2.6~7.5kg)

レボリューションは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、レボリューションの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。

ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

ストロングホールドプラスは、有効成分のセラメクチンとサロラネルを含有した猫用の寄生虫駆除薬です。マダニと他の寄生虫(ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫、フィラリア等)との混合感染を治療します。新成分が加わり、従来品Stronghold(ストロングホールド)では予防できなかったマダニにも有効です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)

EU版レボリューション/ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、EU版レボリューション/ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。
EU版のため低価格が魅力です。

ブロードライン・スポットオン猫用

ブロードライン・スポットオン猫用の有効成分であるフィプロニルと(S)-メトプレンが皮脂を伝わり猫の体表面に広がることで、皮脂腺に貯留し1ヵ月にわたりノミ成虫、ノミの卵・幼虫、そしてマダニに対して効果を発揮します。
また、エプリノメクチンは体内に吸収されることで、猫回虫・猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生予防に対して有効です。同様にプラジクアンテルも体内に吸収され、瓜実条虫・猫条虫・多包条虫に対して効果を発揮します。

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

アドボケートは、月1回の定期的な投薬で、フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫に対する駆除効果が投薬後も約1ヵ月間持続します。フィラリア(犬糸状虫)症の予防と、ノミ・猫回虫および猫鉤虫を駆除することに加え、ミミヒゼンダニの駆除にも高い効果を発揮するのが特徴です。

ストロングホールド60mg(猫用/7.6kg~10kg)

ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニの駆除、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。日本で販売されている「レボリューション」のヨーロッパ市場版です。

滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤ではないので安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
体重の重めの猫ちゃんに。

ブログ記事ドロンタール回虫駆除
三毛ままをフォローする
猫との暮らしに必要なレボリューションの口コミと評判

コメント

タイトルとURLをコピーしました