アメリカでのペットの医療費はいくらするのか?


ペットの医療費について新聞

少し前に読んだのですが、他所の国ではペットの医療費がどれ位するのかがまとめられていました。

日経MJ に載っていたものです。米国ではペットの医療費が高騰化しており、ペットの治療を受けたあとに請求書を見て青ざめてしまうような事態が起こっているそうです。

大体の診察料は最低でも80~100ドル(約8800~11000円)
この辺は日本とあまり変わらないように感じます。
でも、ワクチンや検便をすることでさらに料金がプラスされ200ドル、大体2万円以上の支出となってしまいます。

また歯科予防ために歯のクリーニングを行うには血液検査と全身麻酔が必要となるため、400ドル前後かかってしまうそうです。(いまの日本円に換算すると約45000円位になるのでしょうか)

こんなに高い治療費になってしまうと支払いを拒否する飼い主の方もいるそうです。なので殆どの診療所では前払いが普通なのだそうです。高すぎては飼い主の負担もかかってしまいますし、かと言って治療費が安くなることはなかなかないものです。

この記事中には、縫い針を飲み込んだ猫を緊急で診療所に駆け込んだところ、手術台入院代を含む3036ドル55セントの見積もりを言い渡されたのだといいます。

軽く33万円以上ということになりますねΣ(´∀`;)
こんな金額を請求されたのだったら青ざめますよね。

米国ではチェーン展開されている動物病院では、毎月の会費を支払うことによって基本的な診察を無料にするサービスを提供するところもあるそうです。日本だと難しそうだと思ってしまいました。そういったモデルが今のところありませんからね。

もしも毎月いくらかの金額を支払って基本的な診察料が無料というような病院があったら、病気がちなペットと暮らしている人には嬉しいことだと思います。

ペットや動物を飼うときに気をつけたいのは、猫や犬にとって危険なものは置かないようにすることや、隠して見えないところにしまっておくことが懸命だといえます。

うっかり針などを飲み込んでしまっては大変ですから。
また、お風呂場のお水を入れっぱなしにしておくと猫が入って溺れてしまう危険性もあるため、水を張りっぱなしにはしないことです。

歯に関しては、>>オーラティーンデンタルジェルを使うことで自宅でもお手入れをすることが出来ます。
歯周病や歯石のケア口臭予防にも役立ちます。

この口腔ケアを怠ってしまうことで、さまざまな病気の原因となってしまうこともあるため歯石や虫歯の予防は大切なのです。
口臭を予防してあげることで、気持ちよさそうにしているところを見ることも出来ますよ。毎日のケアで病気の予防につながるのですから歯のケアは続けてあげたい習慣ですよね。

>>オーラティーンデンタルジェルはこちら<<

関連記事はこちら
野良猫のノミ駆除にかかる病院の費用はどれぐらい?

レボリューションなら野良猫の耳ダニが落とせる!?


レボリューション45mg(猫用/2.6~7.5kg)

レボリューションは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、レボリューションの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。

ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

ストロングホールドプラスは、有効成分のセラメクチンとサロラネルを含有した猫用の寄生虫駆除薬です。マダニと他の寄生虫(ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫、フィラリア等)との混合感染を治療します。新成分が加わり、従来品Stronghold(ストロングホールド)では予防できなかったマダニにも有効です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)

EU版レボリューション/ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、EU版レボリューション/ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤とは違い安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
寄生虫は一度駆除しても再寄生が高いため継続的に予防駆除を行う必要性があります。
EU版のため低価格が魅力です。

ブロードライン・スポットオン猫用

ブロードライン・スポットオン猫用の有効成分であるフィプロニルと(S)-メトプレンが皮脂を伝わり猫の体表面に広がることで、皮脂腺に貯留し1ヵ月にわたりノミ成虫、ノミの卵・幼虫、そしてマダニに対して効果を発揮します。
また、エプリノメクチンは体内に吸収されることで、猫回虫・猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生予防に対して有効です。同様にプラジクアンテルも体内に吸収され、瓜実条虫・猫条虫・多包条虫に対して効果を発揮します。

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

アドボケートは、月1回の定期的な投薬で、フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫に対する駆除効果が投薬後も約1ヵ月間持続します。フィラリア(犬糸状虫)症の予防と、ノミ・猫回虫および猫鉤虫を駆除することに加え、ミミヒゼンダニの駆除にも高い効果を発揮するのが特徴です。

ストロングホールド60mg(猫用/7.6kg~10kg)

ストロングホールドは、犬糸状虫(フィラリア)寄生予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニの駆除、回虫の駆除を目的とした猫用のお薬です。日本で販売されている「レボリューション」のヨーロッパ市場版です。

滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

また、ストロングホールドの有効成分であるセラメクチンは殺虫剤ではないので安全性に優れた駆除・予防ができます。生後6週齢の子猫、妊娠・授乳中の猫にも安心してご利用になれます。
体重の重めの猫ちゃんに。

ブログ記事歯・口臭のケア
三毛ままをフォローする
猫との暮らしに必要なレボリューションの口コミと評判
タイトルとURLをコピーしました