評判のC-NACはクララスティルと同じ目薬?

2017.10.4|クララスティル 未分類 目の病気


C-NAC目薬

犬の白内障に処方されているクララスティルは、ちょっと高い目薬です。
犬に比べて猫は白内障にかかる確率はかなり低いそうです。


猫は、先天性(遺伝性)での発症はほとんどありません。猫の場合は外傷による怪我や雑菌などによる眼病から発症する場合があるようです。滅多にないことなので、それほど心配することはなさそうです。白内障というと老化現象の1つとも言われているので若いうちはあまり気にならないですよね。


しかし、何かの拍子に白内障になってしまうこともあるかもしれません。
白内障は眼球内の水晶体が白く曇っていく病気です。この白内障が進行していくと目の中がどんどん白っぽくなっていきます。
最終的には目が見えなくなると言われています。また治療するには手術を行う以外はありません。


しかし、手術をするほど悪化しないように目薬を使って症状の進行を抑えることがほとんどのようです。
その目薬は、クララスティルやC-NACになります。


クララスティルは、人の白内障にも使われています。
そして・・・。


公式サイトでは2個で12800円します。



1個の内容量は5ml、2個で10ml 12800円します。

(@ ̄□ ̄@;)タカイナッ!


安いと思ったら公式サイトで買ったほうが良いかと思います・・・。
って、すっごいお金持ちじゃないと無理な気がします。
白内障になったら、予防も含めて毎月毎日使うわけですから。
私だったら、絶対に五分の一ぐらいの価格になるうさパラで買います。


うさパラだったら、3000円ぐらいなんだもの。
そして、いまなら30日以内だったら返金保証がついています。

>>クララスティル(Clarastill)はこちら<<




※クララスティルやC-NACは使用上避けた方がいい注意があります。この二点は守ったほうが良さそうです。
 ・抗酸化剤サプリメント(ルティン製剤・ゼアキサンチン製剤・アスタキサンチン製剤など)は併用しないこと。目薬のききを打ち消すそうです。
 ・他の目薬を使っている場合は、どちらかの目薬を点眼したあとは一時間ほどあけてからほかの目薬を使うことです。



C-NACはクララスティルのジェネリックになります。なので成分はまったく同じです。
でも内容量は10mlなのでかなりお得になります。


>>C-NACはこちら<<



トラックバックURL