猫回虫にはドロンタールキャット

2016.4.11|ドロンタール 回虫駆除 未分類


ドロンタールキャット

猫回虫に感染してしまうと


猫回虫の卵は、猫の小腸内で孵化します。
腸壁を食い破り血管の中に移動するのです。
そのまま肺まで移動していきます。


肺の中にいる回虫が幼虫から成長すると、
猫は咳き込むことが多くなります。
風邪と思うかもしれませんが体毛の
毛艶がなくボサボサになっていきます。


気管支や食道に移動していきます。
そして再び、口から飲み込まれることで
再び腸内に戻ります。


腸に戻った頃には回虫は成虫になっています。
成虫となった猫回虫は、宿主から栄養を奪い続けます。
そして1日10万個近い卵を産むそうです。


もしも、猫が口から白い虫のようなものを
たくさん吐き出したらどうしますか?

ぎょえ~~~!!!

と思うかもしれませんが、
ドロンタールCATを飲ませて様子を見ましょう。

体内の回虫が駆除されていなくなります。
また、卵や幼虫が残っている場合があるので
二週間ほどしたら、再びドロンタールCATを飲ませましょう。



>>ドロンタールCATはこちら<<



コメント一覧

この記事にコメント

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

トラックバックURL