猫の関節炎予防にジョイントマットなどの工夫をしてみたら

2016.12.30|オンシオール 猫の関節炎


外に猫がいると全く氣にすることがないのが
猫のジャンプ音です。

猫の後ろ姿
ぴょーんとジャンプしている姿を見ても、全く音がしないように感じます。


でも室内だと物音が大きく聞こえてしまうこともありますよね。
猫がジャンプしてたてた音が、

どどーん!

と聞こえることがあります。
猫もびっくりしてしまうような、かなりの大音量なのです。


なので、室内ペットOKのところでもドタバタが気になってしまうことがあります。
フローリングや絨毯、畳の上ではそれぞれ音が違うように聞こえますが、
やはり地響きは気になってしまうものです。


そしてそんなに大きな音をたてて着地しているのだから、
足は痛くないのかと気になってしまいますよね。


【猫が移動する度に音が立ってしまう場所にはひと工夫!】

クッションをひいてみた


毛足の長いマイクロファイバー製のバスマットや
低反発マットの座布団など着する場所に少しづつ敷いていきました。
ずれてしまうような場所には、両面テープを使って固定します。


すると、猫がジャンプする時に、立てていた

どどーん!

という衝撃的な音がしなくなりました。


この、猫が飛び跳ねたときの音がほとんど聞こえなくなったので
猫の足にも負担が少なくなったように思います。
もし関節炎になってしまった場合には、炎症を抑えてくれるオンシオールが良いようです。


口コミやレビューを見ても、オンシオールを飲ませたところ
関節炎の痛みが消えたかのように走ることが出来たそうです。
もし、猫の関節炎にお悩みなら、飲ませてみると良いのかもしれませんね。

>>オンシオール6mg猫用(Onsior 6mg Tablets for Cats)はこちら<<






関連記事はこちら
猫の関節炎にオンシオール


この記事にコメント

トラックバックURL