猫のおやつには何がいい?

2016.10.12|未分類 猫のおやつに


こんにちは。
日に日に寒さが増していますね。
朝も猫だって、寄り添ってまるくなっていたいものです。

まあるくなって猫2匹がかわいい

ここのところ元気がない猫ちゃんのために
手作りおやつを作ってみることにしました。


ニャンズは食いしん坊の子が多いのです。
ただし、うちでは市販のお菓子やおやつは、
ほとんど与えたことはありません。


添加物が多く心配だからです。


そして、人間用の食べ物は特に気をつけてあげなくてはいけません。
なぜかというと、猫ちゃんの胃のなかで分解されにくい物があるからです。


特に、ミルク(牛乳)に含まれる乳糖を分解することが出来にくいのです。
与えると下痢などのお腹を壊す原因になってしまいます。
なので、与えるときには猫用のミルクを与えます。

ミルクを猫に与えてしまうと

または、スキムミルクがいいのです。
スキムミルクは粉のまま与えてもぺろぺろとキレイに舐めてしまいます。


玉ねぎ


あと、玉ねぎは血液を破壊してしまうと言われていますよね。
人間用のおやつはオニオンパウダーだって使われているものもありますよ。
オニオンパウダーなので、玉ねぎではありませんが、この成分にも用心した方がいいです。
ハンバーグなどにも玉ねぎは入っていますので食べさせないほうが良いです。





また、人間用のお菓子は糖分や塩分が濃いので
猫や犬の肝臓や腎臓にもダメージが行ってしまいます。肥満や、肝臓や腎臓の疾患にもなりかねません。
なので与えない方がいいのです。


そこで、手軽に作れるおやつを与えています。

材料がシンプルなので、とっても楽に作ることができます。

それが犬猫用のジャーキーなのです。

ささみジャーキー

他にもクッキーなどが簡単です。
動物とコミュニケーションを取りたいときに。
また、犬だったら、お手や伏せなど
お利口にしていたときのご褒美として与えます。


ただし、必要以上に与えてしまうと、
手作りと言えども、肥満や成人病のようになってしまいます。
それだけは気を付けたいところです。



よく読まれている記事

ダニに困ったら猫用revolution


猫にアロマは大丈夫なの?猫飼いにとってアロマは危険かも?






      スポンサーリンク

猫の栄養足りていますか?
メガ脂肪酸やタウリンを配合した猫用の栄養食品です。


コメント一覧

この記事にコメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL