犬用制吐剤セレニア(Cerenia)は猫の腎不全にも◎なアイテム

2018.9.3|嘔吐 犬用




セレニアは、1箱4錠入りの犬用の制吐剤です。
嘔吐を催す中枢にマロピタント(Maropitant)という有効成分が働きかけて嘔吐を予防します。
安全性が確認されているため生後4カ月以上、体重2㎏以上の犬種に使うことが出来ます。
何でもセレニアは世界14か国で使用されているそうです。
容量は10mg、24mg、60mg、160mgとあります。体重に合わせて飲ませる量が変わります。

>>セレニア(Cerenia)160mg はこちら<<




1.セレニアはどんな時に必要なの?いつ使われるべき?


セレニアの主な用途は、車酔いや車酔い以外の嘔吐。

ドライブなど車に乗車したときに起こる車酔いをしてしまう犬のためにあります


セレニアは吐き気や嘔吐をしてしまう犬の嘔吐中枢に働きかけます。
嘔吐中枢は内耳の三半規管から影響を受け吐き気を引き起こすのです。
最低でも一時間前までにはセレニアを飲む必要があります。


また商品レビューを見ると、猫が腎不全やリンパ腫を患っている方も少量ずつ与えているようです。
まったく食欲がなく、食べたら吐いてしまうという子に与えることで吐き気が弱まり食欲が戻るようですね。

セレニアは体重別に飲む量が決まっていますので、多く与え過ぎたりしないようにする必要があります。


2.セレニアの悪い口コミ


悪い口コミはどんなものがあるのかをまとめてみました。

・飲ませるのが大変
・チーズに包んで飲ませたら効かなかった
・服用後は食欲が少し落ちます



薬になれていない子には飲ませるのは大変気を使うものです。すんなりと飲んでくれるようになると嬉しいですね。

チーズにくるんだら効かなかったということですがこんなことが考えられます。セレニアを食べ物に包んでしまうと食べ物の消化に時間がかかってしまいます。するとセレニアの成分を体が吸収しないので車に酔ってしまうのです。
また、空腹時には吐き気を感じやすいため食べ物にくるまずにそのまま消化の良いおやつと一緒に与えます。

セレニアを服用後は食欲が落ちることがあるようです。なれない車に乗ることで少しストレスになっているのかもしれません。


ドライブやお出かけなど車に乗せる必要がある場合は満腹にしないようにするなどお腹の状態にも気を配る必要がありますね。
どんなものでも良い面と悪い面があります。使用には十分に気を付けたいものです。


3.うちの子に与えても大丈夫?セレニアの良い口コミ


セレニアのレビュー良いと感じている人が多いです。どんな感想があるのかをまとめてみました。

・車に五分乗っただけで吐いてしまっていたのに吐かなくなった。
・病院で処方されているものと同じなのに安い
・我が家の貴重な常備薬です
・腎不全の子の食欲が出て体調が落ち着いています
・リンパ腫の子に与えています
・すぐに嘔吐するので手放せない
・犬も自信を持って車に乗って来る
・安全性も高いと獣医が言っていた



どちらかと言ったら満足している人の割合のほうが多いようです。
もしも車でお出かけをするような場合はセレニアがあると安心ですね。


>>セレニア(Cerenia) はこちら<<


セレニアには24mg、60mg、160mgの種類があります。
体重に合わせて注文をしたほうが与えるときに簡単で良いかもしれません。
または、ピルカッターも扱っているので薬を等分して与えることも出来ます。


>>ウルトラピルカッター(APEX Ultra Pill Splitter) はこちら<<






おすすめ記事はこちら
[ゲンダイ]純またたび精・猫用健康保健食品

大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森にはネコが多い?


この記事にコメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL