大井ふ頭でヒアリが100匹以上発見された

2017.7.16|猫ブログ


東京都は6日、大井埠頭(品川区)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」1匹が確認されたことを明らかにしました。

大井ふ頭のヒアリまだいそうですね。
同コンテナ内部より100匹ほどのヒアリが目視されたということでも話題になっています。


なんだか最近の国内ニュースでは「ヒアリ」がキーワードのようになっています。
朝も、昼も夕方も・・・週末のダイジェストnewsもヒアリのことばかり目にしますよね。
これって虫が嫌いだから目に入って来るのかもしれませんけど・・・。気になるニュースだからなのでしょうね。


近所の空き地にも普通のアリはたくさんいますけど。
ヒアリだと、「童謡のアリさんとアリさんとごっつんこ・・・」というほほえましい感じではないですね(^^;


中国や台湾では大繁殖してしまっていて、専門のヒアリ駆除対策を行っている人がいるそうですね。毒入りの餌を巣穴にまいているようですが、増える速度のほうが早いため処理に追い付かないのだとか(^^;
ヒアリは主に肉や脂分の多い餌にたかるようで、砂糖などの甘いものには興味がないようです。
そうでなかったら子牛にまでたかるわけないですものね・・・。


テレビでは実験という感じで放送されていましたがヒアリは攻撃性もかなりあるようです。巣穴をもし踏んでしまうと、あしを即座に這い上がって来るので、あしは差されまくってしまいます。かゆみと痛みがあるそうです。中国の差された人がインタビューに答えていました。


日本だとどうなっていくのかしら???とても気になってしまいます。増えないでほしいけど、知らないうちにもう身近にいるのかしら??そう考えると、虫よけって必要ですよね。そうでなくてもガーデニングにも虫はいますからやっぱりアリの巣コロリなどが大々的に売れているみたいです。

地面に置く餌タイプのものや、スプレー式のものとありますが、巣穴から出た部屋や地面にいるヒアリにはスプレー式で効果があるようです。台湾で水槽に入れたヒアリに殺虫剤を噴霧する実験でやっていました。噴射5秒尾後にはヒアリは動かなくなっていました。


ヒアリが発見された近所にお住まいの方々は不安でしょうね。
今の季節だと夜暑いからとか、空気の入れ替えに窓やドアを開けるじゃないですか。
なんだかアリが入ってきそうですよね。
数年前に、一週間か10日ほど床などにまくと忌避効果が持続するゴキブリ除けがあったと思うのですが、そういうのを使ってみてもいいような気がします。洗剤などもいいと思いますが土もダメになってしまいますね。(^^;



この記事にコメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL