可愛い猫の写真を撮っていたら虫に刺されて腫れました

2016.11.11|ストロングホールド 未分類


いまって11月ですよね?

そう思うぐらい日中は暖かいです。


寒い日は、冷たい風が吹きますので
鳥肌になることもあります。


ポカポカ陽気とは良く言ったものです。
上着を脱いで歩いているほどです。



そんなポカポカ陽気で、可愛い猫のかくれんぼ。

なんだか可愛らしいのです。

可愛い猫の写真を撮って


ところがですね。

手の甲が痒い~
痒い(´pωq`)

異常に痒い~。

私の手が痒いのです。

こんなになってしまったのです。
とほほー。

虫に刺されて腫れました


これはどう見ても虫刺され…。

ムヒを塗っても痒い(´pωq`)
ムヒではこの痒みは収まらないようです。
抗ヒスタミンが入っていると思うのですけど。


ヒスタミンは痒み成分です。
その痒み成分を押さえるのが、抗ヒスタミンというわけです。

虫刺されひどい


ぽっこりしています。
たぶん、猫ちゃんを撮ったときに
何かの虫に刺されたようです。


暖かかったので、蚊がいたのかも知れません。
他のダニとかかもしれませんが(´*ω*`)
15℃以上の気温だったからだと思います。


かゆーいいー。


もしや、蚊かノミがいたのかも?
ほかには考えられません。

でもノミだともっと腫れてしまいそうです。

蚊に刺されで腫れたっぽい

しばらくは、この状態で我慢です(>ω<。)

腕ごと痒いので、痒み成分が回ってしまったのかも


もしノミがいるのならスピノサドという有効成分が入ったコンフォティスを与えた方がいいのかも?


食べさせるタイプのノミ、マダニ避けです。
猫用もあるので、レボリューションが使いづらい猫ちゃんには食べさせてあげるのがベスト!


>>猫用のコンフォティス270mgはこちら<<



しばらくは手の甲が見えません。
重症に見えてしまいますが、痒みは冷やします。




おすすめ記事
ノミダニ避けにストロングホールド猫用/a>


レボリューションやフロントラインのノミダニ予防はまだまだ必要です



コメント一覧

この記事にコメント

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

トラックバックURL