レボリューションeu版はどこが違うの?

2015.12.14|ストロングホールド レボリューション 未分類


IMG_20160701_055822


猫にレボリューションは必需品です。
ノミやダニの予防をするのなら
毎月一回の予防薬が必要だからです。



飲み屋ダニの予防をするために
毎月投与する薬には



  1. レボリューション
  2. ストロングホールド
  3. フロントラインプラス
  4. フロントラインスプレー


などの種類があります。



その中でも、レボリューションと
ストロングホールドは同じだと言われています。



レボリューションeu版はどこが違うの?

そう思ったことはありませんか?
私はこの違いが何だか
が分かりませんでした。



詳しい違いはというと

よく見てくださいね。


レボリューション猫用 ストロングホールド猫用

パッケージの右側のロゴが違います。



それだけではありません。



商品名 レボリューション45mg猫用
内容量 1箱3本
主成分 セラメクチン6%
メーカー ファイザー(Pfizer)
発送国 タイ
商品名 【EU版レボリューション】ストロングホールド45mg猫用
別名 レボリューション 
内容量 6本
主成分 セラメクチン(selamectin) 6%
メーカー Zoetis
発送国  香港



ん?

よく見たらメーカー名が違いますね。
同じファイザー製薬だったはずなのに。



そこで、ファイザー製薬のホームページを見てみると
予防薬を扱っていた「アニマルヘルス事業部門」は
2013年4月1日に「ゾエティス・ジャパン株式会社」
として独立したそうです。



なので名前が違うようです。


ファイザー製薬ゾエティス



他にも気になる違いは、
発送国の違いです。
届く日にちが少し違うぐらいなので
氣にしなくていいと思います。



あとは本数の違いですね。
同じものなら、本数が多いほうが
お買い得だと思います。



3本と6本だったら
もちろん6本の方がいいですよね。



>>お得なレボリューションeu版はこちらをクリック<<




この記事にコメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL